フロントガラスが凍結!アルコールスプレーや解氷は?




寒い日の朝、車を出そうとするとフロントガラスに霜がびっしり!なんて経験はありませんか?

急いでいるときはなるべく簡単に凍結を直したいですよね。凍結したフロントガラスを溶かすには、解氷スプレーを使うのが一番確実です。

でも普段あまり寒くならない地域だと、解氷スプレーを自宅に持っている方は少ないのではないでしょうか。

自宅ですぐ用意できるもので簡単にフロントガラスの凍結を溶かす方法について調べてみました。

スポンサーリンク



 

 フロントガラスが凍結!アルコールスプレーは痛める?

解氷スプレーがない時は、アルコールスプレーで代用が出来ます。

作り方は、市販のアルコールをアルコールと水=2:1の割合で混ぜるだけです。

 

フロントガラスの凍結に使う分にはこのアルコールスプレーで問題はありません。
ここで使うアルコールはドラッグストアなどで手に入るエタノールが最もオススメです。

なぜアルコールが凍結を溶かすのに良いのかというと、水は0度で凍ってしまいますが、アルコールは凝固点が低く、0度以下でも固まらないためです。

 

エタノールの凝固点は-144度。アルコールと水を2:1で割った場合でも-30度くらいでも凍りません。日本でここまで気温が下がるのはごく限られたケースです。

冬場に日常的に使う分にはアルコールスプレーで充分対応できるのではないでしょうか。

フロントガラスが凍結!解氷スプレーの成分は?

解氷スプレーは一つ500円前後でホームセンターなどで売られています。

フロントガラスの凍結を溶かすには最も適していますが、
その成分のほとんどは実はアルコールです。

つまり、先に挙げたようにアルコールと水を混ぜて作るアルコールスプレーと効果はほぼ同じということです。

解氷スプレーはホームセンターのほか、カー用品店や大型スーパーなどで多くの種類が販売されています。

 

 

解氷効果以外にも、撥水効果や最凍結防止効果のある成分が含まれている商品もあるため、必要に合わせて選んでみるのもいいかもしれません。

フロントガラスが凍結したらお湯かアルコールか?

凍っているのなら手っ取り早くお湯をかければいいのでは?と思ってしまいがちですが、フロントガラスにお湯をかけるのは絶対に止めてください。

 

ガラスは急な温度変化に弱いため、運が悪いとフロントガラスがヒビ割れてしまう可能性があります。

30~40度くらいのぬるま湯でしたら問題は無いですが、気温がマイナスだったりすると、溶かしているうちにまた凍ってしまうこともあり得ます。

一方のアルコールはスプレーで吹きかけると一瞬で溶かすことが出来ます。
そして凝固点が低いため、水のように溶かしているうちに再び凍ってしまうということはありません。

フロントガラスの凍結には、やはりアルコールを使う方が良さそうですね。

スポンサーリンク



 

フロントガラス凍結でアルコールをかけるときの注意点は?

フロントガラスの凍結にはアルコールスプレーや解氷スプレーを使うのが一番ですが、使用する際には注意が必要です。

スプレーを吹きかける際には、必ずワイパーを上げ、フロントガラス以外のところにアルコールがかからない様にして下さい。

また、スプレーを吹きかけた後もガラスに残ったアルコールをしっかりと拭き取ってからワイパーを戻して下さい。

これは、ワイパーやタイヤなどゴム製品がアルコールに触れてしまうと劣化の原因となってしまうためです。

また、ボディの凍結にアルコールスプレーを使ってしまうと、塗装が傷んでしまう可能性があります。

アルコールスプレーを使う際は必ずガラス部分のみに使うようにしましょう。

フロントガラス凍結まとめ

フロントガラスが凍結してしまった時の解決法について調べてみました。

あまり寒くならない地域では解氷スプレーにはあまり馴染みが無いかもしれません。しかし特に寒い冬の朝にフロントガラスが凍結していたという経験はあるかと思います。

アルコールスプレーやぬるま湯を用意するのは少し手間が掛かってしまいますが、安全のためには正しい手順で解氷するようにしましょう。

 

WEBでしか買えない愛車コーティング剤【洗車研B01】

 

 

スポンサーリンク