そばを子供はいつから?離乳食は一歳半が目安で食べれる




大人にとって美味しいそばですが、
子供からはどう捉えるのでしょうね。

 

特に離乳食の終わる一歳半頃には、
まだ味も分かっているかどうか…
大きくなって聞いてみたくても、
当時の子供にはいつからたべたかも覚えていないでしょう。

 

美味しいそばですが、
アレルギーもありますからきちんと把握が肝心!

実際は、いつから食べられるか知っておきたいところですよね。

スポンサーリンク



 

そばを子供に食べさせるのは一歳半から?

そばを食べさせて良いという年齢は、
定められていないのが実際のところですね。

アレルギーが怖いので、
そばはどうしても警戒するかもしれません。

 

どうしても食べさせなくてはいけないということはなくても、
一歳半くらいではなく三歳からなど落ち着いてからが良いでしょう

我が子も食べ始めたのは、
保育園に入った三歳以降くらいからでした。
年越しそばを食べたことがきっかけでしたね。

「信州そば」を我が子と食べましたが、
それが初めてだった記憶があります。

 

 

一歳半くらいになると、
大人が食べていると同じものが食べたいと気になり出しますよね。

心配があることもありますが、
できる限り早い時期は避けた方が良いのは事実です。

何歳からが良い、
といった定義がないこともまた現実なんですよね。

 

そばを離乳食で食べさせるレシピは?

あなたの子供が離乳食を終える頃、もし食べさせるとした時のレシピです。

そばを茹でて小さくして、
そのまま他の食材と一緒に柔らかく煮て食べても美味しいですが、
ちょっと工夫してみましょう。

 

作り方
薄焼き卵を作る要領で、
中に鰹節と大人用よりちょっと長く茹でたそばを入れます。
長めに茹でて細かくすることがポイントですね。


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1340013580/)

 

味付けは塩味でも良いですが、甘めにしてもどちらでも薄味にすることを忘れずに!

卵を食べて、
そばも食べれる上に鰹節の味が美味しいです。
あくまで離乳食としてなので、
大人用の味は避けましょう。

初めての時は、一口から食べさせることがとても大事です。
「そばアレルギー」があるかないかを見るためにはとても必要なことですね。

スポンサーリンク



 

そばのアレルギーとは?

「そばアレルギー」の元になっているのは
そばアレルゲン」がありますね。

ひどい症状では「アナフィラキシーショック」などの
重大な症状を起こす場合があります。

「そばアレルギー」は子供の時だけではなく、
大人になっても続くので注意したいですね。

 

喉の痛み、
苦しい咳、
口周りに腫れ、
湿疹・蕁麻疹、
目の痛み・充血、
下痢、嘔吐、
アナフィラキシーショック

などがありますが、
一番怖いのが「アナフィラキシーショック」です。

これらや、ちょっとした異常を感じたら
すぐに病院に行き適切な処置を施してもらいましょう。

反対にこれらの症状がなければ
「そばアレルギー」ではないことが分かり、
安心できますね。

 

一度アレルギーの症状が出てしまうと
「そば湯」にも関わります。

また、そば屋自体に入るだけで反応が出てしまう場合がありますので
「そばアレルギー」には十分注意しましょう。

まずは一口食べさせてから、
数分から数時間は様子を見ることを忘れずにしたいですね!

※「アナフィラキシーショック」とは呼吸困難、意識不明などや危なくなる症状もある危険な症状です。

 

そばを子供にいつからまとめ

そばをいつから食べさせて良いか迷う時には、
離乳食の時期は避けた方がベストですね。

ビタミンも入っていること、
大人も食べていることから食べさせたい、
食べたがっていると感じるでしょう。

 

子供に「そばアレルギー」があるか食べる前に
調べることはできません。

だ安心して良いことは「遺伝はしない」ので、
あなたやご家族に「そばアレルギー」の方がいても
子供にはうつることなどありません。

 

もし「そばアレルギー」の症状が出たら、
今後気をつけたいことは「そば」や「そば粉」などの
表記に気をつけることです。

スーパーなどで売られているものでも、
裏をよく見ると書かれている時があります。

あなたの子供に症状が出なかったら、
これからは様々な食べ方や旅行などが楽しめるでしょう。
その時には美味しいそばを子供と食べたという思い出にもなりますね。

離乳食に無理に食べる必要がないことは確かなので、
十分落ち着いた頃にそばを食べることが良いでしょう。
ビタミンも入っているので、身体に害になることもないですからね。

 

美味しいそばですから、
安心して食べさせるのは一口から始めることが肝心。

様子を見て変化がなければ、
今後安心してそばを一緒にたべれます。

 

大人の味と思われがちなそばですが、
アレルギーがなければ子供も食べれます。
頃合いを見て食べさせることが良いでしょう。

離乳食のずっと後に、お子さんと楽しみながら食べたいですよね。

スポンサーリンク