納豆の組み合わせでダメな効果や栄養が激減は?




納豆は日本の代表的な発酵食品で、世界に誇れるスーパーフードです。

栄養価も高く、どんな食材にも合うので納豆レシピも豊富ですよね。

しかし、「納豆と一緒に食べるとダメな食材がある」という話もよく耳にします。

納豆の栄養や効果は優秀ですから、激減させるような食べ方はしたくありませんね。

そこで、今回は、納豆の組み合わせがダメな食材と健康効果や美容効果が期待できる最強の組み合わせ食材を詳しく紹介していきます。

また、今どきの美味しい納豆との組み合わせ食材も紹介していきます。

どれも、刻むだけ、のせるだけ、混ぜるだけの簡単な方法で作れるので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

食材の中には、納豆と組み合わせて食べることで、相乗効果を期待できるものがたくさんあります。

それに、食材を組み合わせることで納豆に含まれないビタミンを補うこともできます。

納豆の効果を激減させたくない方は、この記事を読んで、より納豆の効果を高められる食べ方をしていきましょう!

納豆パワーで、いつまでも健康できれいでいられる体を作っていきましょうね。

スポンサーリンク



 

納豆の組み合わせでダメな食材は?

納豆の組み合わせでダメな食材は、生卵です。

生卵は、唯一、納豆との組み合わせがよくありません。

なぜなら、生卵に含まれるアビジンというタンパク質が、納豆に含まれるビオチンというビタミンBの吸収を妨げてしまうからです。

納豆に含まれるビオチンは、コラーゲンの生成を助ける働き、頭皮の血行を促進する働き、体全体の新陳代謝を上げる働きをしてくれる大事な栄養です。

そのため、ビオチンを吸収した体は、髪や爪の健康を保ったり、肌のターンオーバーを促したりして美容効果がとても高まります。

しかし、生卵、特に卵白に含まれるアビジンは、ビオチンを見つけるとすぐに強く結合してしまい、ビオチンを吸収できなくしてしまいます。

せっかく美容効果の高いビオチンを体に取り入れても、アビジンに出会ってしまうと、体内に吸収されることなく体外へ排出されます。

とてももったいないですよね。

そのため、納豆と生卵の組み合わせはNGです!

納豆と生卵の組み合わせが好きでたまらないという方は残念ですが…。

もし、納豆と生卵をどうしても一緒に食べたい場合は、生卵を少し加熱してください。

アビジンは卵白にしか含まれていないため、熱を加えることによって、アビジンの働きを抑えることができます。

納豆と半熟卵でしたら、ビオチンの効果を妨げることはなくなります。

納豆の組み合わせが最強なのは?

納豆の組み合わせが最強な食材は、

  • ネギ、ニンニク
  • キムチ
  • オクラ
  • ヨーグルト、チーズ
  • 梅干し
  • 塩麹
  • マグロ、ゴマ
  • アボカド

です。

たくさんの食材がありますね。

それでは、これらの食材がなぜ納豆と最強な組み合わせなのか詳しくみていきましょう。

【ネギ、ニンニク】

ネギやニンニクは、納豆に含まれるビタミンB1の吸収を高める最強の組み合わせです。

ネギやニンニクに含まれるアソシンが、ビタミンB1の吸収を助けてくれます。

ビタミンB1は、エネルギー生産にとても必要な栄養です。

よく体を動かす人はビタミンB1の不足が心配されますので、納豆にネギやニンニクを混ぜてお召し上りください。

【キムチ】

納豆とキムチは、血栓予防に最強の組み合わせです。

納豆に含まれるナットウキナーゼは血液にできた血栓を溶かす働きがあります。

さらに、キムチに入っているニンニクが血栓をできにくくしてくれます。

納豆とキムチを一緒に食べれば、血液をサラサラにしてくれるのです。

血栓は、寝ている間にできると言われていますので、夕食に納豆とキムチを一緒に食べて、相乗効果に期待しましょう。

また、納豆とキムチを一緒に摂ると、ダイエット効果や育毛効果もあります。

ぜひ、試してみてくださいね!

【オクラ】

納豆とオクラの組み合わせは、風邪予防や老化防止に効果があります。

納豆とオクラは、ムチンという消化器や呼吸器の粘膜を保護するものを含んでいます。

そのため、一緒に摂ると、風邪予防と老化防止の相乗効果が期待されます

【ヨーグルト、チーズ】

納豆、ヨーグルト、チーズは発酵食品です。

納豆、ヨーグルト、チーズの全てに乳酸菌が含まれており、腸内の悪玉菌を抑制し、腸内環境を整えてくれます。

意外かもしれませんが、納豆とチーズの組み合わせはとてもおいしいです。

私は、納豆にプロセスチーズを入れて混ぜ、海苔で巻いて食べるのが大好きです。

息子の通っている小学校でも、月に1回ほど給食に出る子供に人気の献立ですよ。

ヨーグルトは、もちろん納豆に混ぜて食べても大丈夫です。

抵抗のある方は、納豆を食べた後に、デザートとしてヨーグルトを召し上がってみてはいかがでしょうか。

【梅干し】

梅干しと納豆は、発酵食品のため、生きた菌が含まれています。

梅干には酢酸菌、納豆には乳酸菌が含まれ、どちらの菌も腸内環境を整えてくれます。

便秘の解消に効果があります。

また、一緒に食べることで、食欲増進効果や血液サラサラ効果も期待できますよ。

【塩麹】

塩麹も発酵食品で、麹菌を含んでいます。

納豆と塩麹を一緒に摂ると、菌がより活発に働きます。

血行を促進し、代謝を上げてくれますよ。

そのため、ダイエットや疲労回復が期待できます!

【マグロ、ゴマ】

マグロ、ゴマに含まれる脂肪酸は、不飽和脂肪酸に分類されます。

不飽和脂肪酸は、体内の悪玉コレステロールを減らして、血液の流れをよくしたり、コレステロール値を下げてくれたりします。

また、食物繊維の豊富な納豆は、コレステロールの吸収を抑えることができます。

そのため、納豆とマグロやゴマを一緒に食べれば、相乗効果によりコレステロール値をより下げることができるのです。

【アボカド】

納豆とアボカドは、美容に最強な組み合わせです。

納豆は、万能な食品ですが、ビタミンCは含まれていません。

そこで、ビタミンCの豊富なアボカドと一緒に食べれば、納豆に足りない栄養を補うことができます。

アボカドは、ストレス緩和、皮膚の粘膜を保護する働き、抗酸化作用があります。

納豆と一緒に摂れば、美肌効果も疲労回復効果も期待できますね。

このように、納豆と最強の組み合わせの食材はたくさんあります。

納豆に刻むだけ、のせるだけ、混ぜるだけの簡単な方法で食べられますので、ぜひ、試してみてください。

また、納豆は混ぜれば混ぜるほど、たんぱく質を作ってくれるアミノ酸が増えますよ!

スポンサーリンク



 

納豆の組み合わせで美味しいのは?

今どきの美味しい納豆の組み合わせ食材は、

  • たくあん&生ハム
  • アイス
  • カツオのたたき
  • 長芋
  • サバ缶

の5つです。

「えっ!?」と思うものもあるかもしれませんが、どれも絶品です!

簡単に作り方を紹介しますので、ぜひ、作ってみてください。

【たくあん&生ハム納豆の作り方】
  1.  たくあんと生ハムを5mmほどの幅に切ります。
  2.  1を納豆と混ぜ合わせます。
  3. ごはんにかければ出来上がりです。

たくあんの食感と生ハムの塩辛さが納豆に絡んで絶妙な味わいです!

【納豆アイスの作り方】
  1. ボールに納豆を入れ、よく混ぜます。
    このときに、納豆のタレは入れないでくださいね。
  2.  1にアイスを入れて、よく混ぜ合わせます。
  3. 粘り気が出てきたら、お皿に盛り付けて出来上がりです。

トルコ風アイスのような粘り気が出て、美味です。

私は、この味がクセになりました!

【カツオのたたき納豆の作り方】
  1. 納豆に付属のタレを入れて、よく混ぜます。
  2. カツオのたたきの上に、1と卵黄をのせます。
  3. 最後に刻んだネギをふりかければ、出来上がりです。

ビールや焼酎によく合うので、おつまみに最高です!

【納豆サンド長芋の作り方】
  1. 長芋を5mmほどの幅で輪切りにします。
  2. 1をプライパンで両面に焼き色をつけます。
  3. 焼き色のついた長芋の上に納豆をのせ、その上に長芋をのせてサンドします。
  4. 中にはさんだ納豆をぎゅっと押し込んだら、出来上がりです。

サクサクとした長芋の食感と納豆が絶妙にマッチして美味しいですよ。

【納豆の味噌サバ缶の作り方】
  1. 味噌サバ缶の中身をボールに出して、細かくします。
  2. 1を皿に盛り付けます。
  3. 納豆をよく混ぜてから、2のサバの上にのせて出来上がりです。

そのまま食べても美味しいですが、茹でたうどんやパスタにのせて食べても美味しくいただけます。

食べてみたい組み合わせはありましたか?

納豆は、どんな食品とも合うので、オリジナルの納豆レシピを考えてみるのもおもしろいですね。

ただ、納豆に含まれるナットウキナーゼは熱に弱いです。

納豆の効果を激減させないためにも、納豆を加熱する調理方法のレシピは避けた方が良いでしょう。

納豆の組み合わせまとめ

今回は、納豆の組み合わせがダメな食材と健康効果や美容効果が期待できる最強の組み合わせ食材を詳しくご紹介しました。

また、今どきの美味しい納豆との組み合わせ食材もご紹介しています。

納豆との組み合わせがダメな食材は、生卵です。

これだけは、組み合わせNGですので、気を付けてください。

また、納豆との組み合わせが最強な食材は、

  • ネギ、ニンニク
  • キムチ
  • オクラ
  • ヨーグルト、チーズ
  • 梅干し
  • 塩麹
  • マグロ、ゴマ
  • アボカド

です。

納豆と一緒に食べることで、健康効果や美容効果がより高まったり、栄養を補ったりしてくれます。

納豆とよく混ぜ合わせて、お召し上りください。

今どきの美味しい納豆との組み合わせ食材は、

  • たくあん&生ハム
  • アイス
  • カツオのたたき
  • 長芋
  • サバ缶

の5つをご紹介しました。

簡単に作り方を載せていますので、ぜひ、参考に作ってみてくださいね。

それでは、納豆の栄養をより効果的に摂取して、いつまでも健康できれいな体を作っていきましょう!

スポンサーリンク