日焼け止めが痒くなる?選び方と対処方法ケア 肌荒れと乾燥しないためには?




紫外線が気になる季節がやってきて、肌を守るために日焼け止めが欠かせませんが、日焼け止めを塗ると痒くなるときや肌荒れを引き起こしてしまったり…。

「紫外線は強くなる一方なのに、どうやって肌を守ればいいの?」

そこで、今回は、日焼け止めで肌が痒くなってしまう原因や対処方法をご紹介します。また、敏感肌の方におすすめの日焼け止めもご紹介します。

私も、自分の肌に合う日焼け止めを見つけ出すのに苦労した一人で、日焼け止めを使うことに悩んでいる方も多くいます。

今は、肌ケアをしながら日焼け止めもしてくれる優秀なものが多く発売されています。自分の肌に合うものを見つけて、日焼け止めの悩みから解放されましょう!

スポンサーリンク



 

 日焼け止めを塗ると痒くなる理由

日焼け止めを塗ると肌が痒くなる理由は主に2つあります。

1つ目は、日焼け止めに含まれている「紫外線吸収剤」と呼ばれる成分がアレルギー反応を引き起こしてしまうことがあります

「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収してくれる化学物質です。

紫外線を吸収すると肌の上で化学変化を起こし、紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防いでくれます。

しかし、肌が敏感な状態になっているときに使用すると、化学変化の刺激で、痒みを引き起こしてしまうのです。

2つ目は、肌が乾燥してしまっていることが原因で痒みが出ます

肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下した状態になっています。すると、日焼け止めを塗ったときに、それが肌への刺激につながり、痒みを引き起こします。

このように、日焼け止めに含まれている「紫外線吸収剤」が原因の場合と肌が乾燥し、肌のバリア機能が低下している場合に痒みが出てきてしまいます。

日焼け止めで痒くなったときの対処法

日焼け止めを使って痒くなってきたときは、すぐに使用を禁止しましょう。

そして、肌についている日焼け止めを低刺激性の石鹸できれいに洗い流しましょう。自分の体温くらいの水温で洗うと、肌への刺激が和らげます。

痒みのある部分がきれいになったら、水で冷やします。

痒さに耐え切れず、患部を手やタオルで強くこすることはやめてくださいね。
悪化してしまいます。

患部の状態をみながら、薬局または薬店で薬剤師に相談したり、皮膚科を受診したりしましょう。

そのときは、症状が出たときの体調や食事の内容、そして、薬を服薬しているときは薬の名前を言えるようにしておきましょう。

また、使っていた日焼け止め本体とその日焼け止めの成分が書かれているものを持参してくださいね。

スポンサーリンク



 

痒くならない日焼け止めは?

肌の痒みが気になる方は、「紫外線吸収剤」が入っていないものや無添加、オーガニック、ノンケミカル(石油化合物が入っていない)ものを選びましょう。

DHC ベビー&ママ サンガード SPF30

これは、ノンケミカル処方の日焼け止めです。
日焼け止めの成分にこだわって作られているので、肌が敏感な方や赤ちゃんにも使えます。
また、洗い流すときも、クレンジングが不要で、石鹸で洗うだけで落とすことができます。
肌をゴシゴシとこする必要がないので、肌への負担もかかりませんよ。

アクセーヌ マイルドサンシールド SPF28

ノンケミカルの日焼け止めです。
さらに、ノンアルコールや低刺激性のため、敏感肌の方でも安心して使えます。

ウォータープルーフタイプで、日焼け止めが落ちにくい特徴があります。
こまめに塗り直す必要がないので、汗をかきやすい人にもおすすめです。

ちふれ 日やけ止めミルク UVマイルド SPF35

ノンアルコールに加えて、無香料・無着色で、紫外線吸収剤も入っていないので、敏感肌の方にとても人気があります。
日焼け止めの中に、肌を保湿してくれる成分が含まれているので、肌のうるおいを保ちながら紫外線をガードすることもできます。

ドラッグストアなどでも販売されており、比較的手に入りやすい商品です。
また、1,000円以内で購入出来る日焼け止めのため、たっぷり使っても安心です。

エテュセ バリアエッセンス SPF35

ノンケミカル処方で、生後1か月の赤ちゃんから使うことができます。
赤ちゃんと一緒に大人も使えます。

乳液タイプで、塗り心地もとても良いです。
ドラッグストアなどで販売されており、手に入りやすい商品です。

ユースキン ユースキンS UVミルク SPF25

ノンケミカル処方の日焼け止めです。
紫外線を防ぐ効果があるのはもちろんですが、肌への優しさも優れている商品です。

クレンジングは不要で、石鹸のみで落とすことができます。
また、ドラッグストアで手軽に購入することができるのも人気の理由です。

ニベア ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルド SPF50

ノンケミカル処方の日焼け止めですが、アウトドアやビーチなど、紫外線の強い場所に出かけるときにも使える強力な日焼け止めです。

これは、化粧下地としても使えるので、仕事や家事で忙しい女性にも支持を得ています。
ドラッグストアなどで手に入り、価格も比較的安価なので、お試しで使ってみるのも良いですよ。

資生堂 2e 日やけ止め SPF45

高い日焼け止め効果がありながら、ノンケミカル処方で肌にとても優しいところが多くの女性の支持を得ています。
外にいることが長いときでも、肌への負担を最小限に抑えながら、紫外線を防いでくれます。

ママバター UVケアミスト SPF20

ミストタイプの日焼け止めです。スプレータイプで手間なく日焼け止めを付けられるところが人気です。
ノンケミカル処方でもあり、敏感肌の方や小さな子供にも使えます。

私は、これを玄関に置いておき、外出時はいつでも使えるようにしています。スプレータイプなので、息子も面倒くさがらずに使ってくれます。

このように、肌に負担をかけない日焼け止めはたくさんあります。自分に合うものを見つけてみてくださいね。

肌荒れや乾燥しない日焼け止めは?

肌荒れや乾燥してしまう肌は、肌のバリア機能が低下しているときです。

肌ケアをしてくれる日焼け止めを使いましょう。

コーセー 雪肌精 サンプロテクトエッセンスジェル

高い日焼け止め効果がありますが、肌ケアも一緒にしてくれるという嬉しい商品です。
すーっと伸びるジェルが使いやすく、使い心地も良いです。

ポーラ B.A ザ・プロテクター

肌のみずみずしさと保湿力を保護してくれる日焼け止めです。
これは、紫外線だけでなく、近赤外線にも着目し、肌の奥深くまでケアしてくれる優れものです。
私も使用していますが、肌もきれいになり、紫外線も防いでくれるのでとても重宝していますよ。
敏感肌の私でも使えて、使い続けて約2年経ちますが、とてもおすすめの日焼け止めです。

アクセーヌ スーパーサンシールド

メイク前に使う、日焼け止めベースになります。
これを使うと、肌の調子が整えられ、ファンデーションのノリも良くなると人気の商品です。
また、ノンケミカル処方でありながら、高い紫外線を防いでくれます。

日本ロレアル ラロッシュポゼ UV イデア アクア フレッシュジェルクリーム

肌荒れが気になる方におすすめの日焼け止めです。これは、ポンプ式で1回の使用料が分かりやすいです。
敏感肌の方でも安心して使えると人気の高い日焼け止めですよ。

肌ケアをしながらも、強い紫外線を防いでくれる万能な日焼け止めがたくさんあります。

自分の肌に合うものを見つけてみてくださいね。

紫外線アレルギー(日光アレルギー)かも?

日焼けをした後に赤いぶつぶつや痒み、そして、水ぶくれが出てくることがあります。

これは、誰でも発症する可能性のある紫外線アレルギーです。

私も小学生のとき、運動会の練習中に突然発症し困ってしまったことがありました。長時間、日光を浴びていたせいで、足や腕に赤いぶつぶつが突然出てきたのです。

発症後は、日陰や屋内に入れば30分以内に症状が消えてしまうことが多いです。私の場合もそうでした。

しかし、広範囲に症状が及ぶ場合や症状がひどい場合は、日光をあびないように工夫しましょう。

そして、日焼け止めや日傘を忘れずに使いましょう。場合に応じてはアームカバーなども役に立ちますよ。

これらの症状が気になるときは、すぐに皮膚科を受診しましょうね。

まとめ

今回は、日焼け止めを塗ると痒くなってしまう原因や対処方法と敏感肌の方でも使える日焼け止めを紹介しました。
日焼け止めを使っていて肌が痒くなってきたときは、すぐに使うのをやめたり、洗い流したりしましょうね。

また、敏感肌の方でも使える日焼け止めは、とても多くあります。
自分に合った日焼け止めを見つけて、使ってみてください。

スポンサーリンク