チーズフォンデュの保存方法!残りは冷凍し余ったらアレンジできる?




自宅でチーズフォンデュをするとどうしても具材やチーズが余ってしまいますよね。

具材はそのまま食べたり他の料理に使えたりしますが、一旦溶かしてしまったチーズは捨てるには勿体ないし、かといってそのままでは食べ辛いですよね。

余ったチーズフォンデュの保存について、またチーズフォンデュの残りを使ったアレンジレシピについて紹介します。

スポンサーリンク



 

チーズフォンデュが余った時、保存できる?

チーズフォンデュで余ってしまった分は保存することも出来ます。

ただし、チーズフォンデュで溶かしたチーズは時間が経つと固まってしまいます。

チーズはその性質上、一度固まってしまったものを再度加熱しても同じように溶かすのは難しいです。

常温での保存や、直射日光があたるところであればチーズの成分にある脂肪分が分離してしまいカビの原因となってしまいます。

チーズフォンデュを保存するときには、気を付ける必要があります

チーズフォンデュが余った時の保存方法は?

一般的に、チーズを保存する際は冷蔵保存が適しています。

チーズは乾燥に弱いため、冷蔵庫で保管する際はラップでぴったりと密封して保存しておくのが良いでしょう。

一定の温度で保存するのがいいのですが、冷蔵庫の場合はどうしても他の食品を使う際に開け閉めすることで温度の変化が起こります。

また、チーズからも水分が出てくるため、ラップを小まめに交換する必要もあります。チーズフォンデュを冷蔵庫で保存する場合は、なるべく早く使い切ってしまった方が良さそうです。

チーズフォンデュの残りは冷凍可能?

余ったチーズフォンデュを冷凍保存することは可能です。

しかし、一度一度冷凍して固まったチーズは再度温めても同じようにトロトロにはなりません。

固形のチーズであっても、冷凍したものは風味や舌触りが悪くなってしまうことから、冷凍保存はあまりオススメされていません。

チーズフォンデュは、チーズを一度温めて溶かしたものですし、チーズ以外のものも調理や食事の過程で混ざっています。冷凍保存する場合でもなるべく早めに使い切る方がいいでしょう。

スポンサーリンク



 

チーズフォンデュの余りはアレンジ次第!

チーズフォンデュが余ったときにアレンジできるレシピを紹介します。

チーズせんべい

余ったチーズフォンデュをホットプレートや鉄板に薄く延ばして焼きます。カリカリになったら出来上がり!その場ですぐに出来るので、少しだけ残ってしまったときや、当日に食べきりたいときにはぴったりです。

チーズリゾット

余ったチーズフォンデュに牛乳を加え、フライパンで温めます。そこにご飯とベーコンなど好きな具材を入れて煮詰めれば出来上がりです。最後に好みで塩コショウを振ります。
チーズフォンデュで余った具材を入れても美味しいです。

カルボナーラパスタ

チーズフォンデュを温めて牛乳で伸ばします。そこに茹でたパスタ、ベーコンを入れて塩コショウで味付けします。最後に卵黄を乗せればカルボナーラパスタの出来上がりです。

その他にも、余った食材と一緒にオムレツに入れたり、グラタンやピザに使ったりとチーズを使うレシピであればチーズフォンデュの残りが幅広く使えます。

チーズを使うレシピはたくさんあるので、チーズフォンデュが残ってしまっても早めに使い切れそうですね。

チーズフォンデュ保存まとめ

チーズフォンデュの残りの保存方法や、アレンジレシピについて調べてみました。

チーズそのものは冷蔵することで数ヵ月単位の保存が出来る食品ですが、一旦調理してしまうと再度長期の保存は難しくなります。

特に、チーズフォンデュはチーズに白ワインや牛乳、小麦粉などを調理の過程で混ぜてしまいます。

いったん溶けたチーズは再度温めても溶けにくいため、チーズフォンデュを保存した際はリゾットやパスタなどチーズを使う他のレシピでなるべく早めに使い切るようにしてください。

スポンサーリンク