振込用紙(払込票)のクレジットカード払いの方法は簡単!





キャッシュレス化が進む現在では、公共料金やネットショッピングなどの振込用紙(払込票)の決済方法も多様になってきました。

決済方法が多様になると、「今まで現金扱いだった振込用紙(払込票)もクレジットカードが使えるの?」、「auペイとかも使えるの?」などと疑問になる人も多いですよね。

特にファミマ、セブンイレブン、ミニストップなどのコンビニでは、現金を使わなくても、クレジットカードやnanacoなどの電子マネーを利用した振込用紙(払込票)の支払いが可能なところもあります。

そこで、今回は、キャッシュレスで支払いするためのおすすめの振込(払込票)の決済方法を紹介します。

どのコンビニでクレジットカードや電子マネーが使えるのか、郵便局や銀行ではクレジットカード払いができるのかなど詳しく紹介していきます。

振込用紙(払込票)をどこでどのように支払うか悩んでしまう人も、振込用紙(払込票)の支払いにクレジットカードが使えるのか知りたい人も、この記事を読めば、お悩み解決です!

どのコンビニでどんな決済方法があるのかを知って、身近なサービスをもっと便利に賢く活用し、クレジットカードや電子マネーのチャージを利用していきましょう。

さらにポイントも貯めて、生活を潤しましょう!

キャッシュレスは、便利で快適な日常生活を支えてくれます!

スポンサーリンク



 

振込用紙(払込票)のクレジットカード支払いができるのは?

ファミリーマートが発行しているTカードだけです。

Tカードって便利ですよね。

でも、ファミリーマートでTカードを使わないとクレジット支払いはできませんよ。

そもそも、公共料金やネットショッピングの振込用紙(払込票)は現金扱いになっています。

なぜなら、振込用紙(払込票)の支払いをするときは、カード会社に手数料を支払わないといけないからです。

現金であれば、簡単に手数料を支払うことができるのですが、クレジットカードなどのキャッシュレス決済になると手数料の支払いが煩雑になってしまうため、ほとんどの振込用紙(払込票)は現金のみでしか支払えません。

しかし、ファミリーマートが発行しているTカードは、ファミリーマート自体が発行しているカードのため手数料を支払う必要がありません。

ファミリーマートの独自のシステムによって、Tカードはとても便利な支払いができるようになっているわけです。

また、ファミリーマートでTカードを利用すれば、プリペードカード、切手、はがき、ごみ処理券、商品券、ギフト券もクレジットカードで購入することができます。

さらに、うれしいのは、購入時にポイントが付くことです。
とてもお得ですよね。

ファミリーマートが身近にある人は、Tカードで暮らしを便利にしてみませんか?

クレカ払いができない振込用紙(払込票)はある?

基本的に、振込用紙(払込票)は現金扱いで、クレジット払いはできません。

現金払いしか無理です。

しかし、ファミリーマートでTカードを利用すれば、クレジット払いができます。

現金払いが苦手な人は、ファミリーマートのTカードでの支払いがおすすめですよ。

振込用紙(払込票)を郵便局や銀行でクレカ払いできる?

郵便局や銀行では、クレジット払いはできません

郵便局や銀行で振込用紙(払込票)の支払いをする場合は、窓口やATMで現金で支払いをしましょう。

でも、郵便局や銀行に自分の口座を開設している場合は、ATMで支払う場合のみ、口座からの引き落としになります。

手数料もATMの方が安いので、ありがたいですよ。

スポンサーリンク



 

振込用紙(払込票)のクレカ払いはファミマTカードだけ!

振込用紙(払込票)のクレジットカード払いができるのは、ファミリーマートのTカードだけです。

でも、電子マネーならば、他のコンビニでも振込用紙(払込票)の支払いがキャッシュレスでできるところがありますよ。

それは、セブンイレブンで使える電子マネーnanacoとミニストップで使える電子マネーWAONです。

使い方はどちらとも、振込用紙(払込票)の記載金額分をnanacoやWAONにチャージして支払います。

セブンイレブンでnanacoを利用する場合は、公共料金や税金の支払いができます。
ただ、チャージの上限金額があるので注意しましょうね。

上限金額が5万円となっており、5万円以上の支払いはできません。

ミニストップでWAONを利用する場合は、公共料金、税金、はがき、切手、収入印紙、ゆうパック、各種ギフトカードの支払いができます。

支払い時にポイントが付くのも魅力です。

振込用紙(払込票)クレジットカード まとめ

今回は、キャッシュレスで支払いするためのおすすめの振込用紙(払込票)の決済方法をご紹介しました。

また、どのコンビニでクレジットカードや電子マネーが使えるのか、郵便局や銀行ではクレジットカード払いができるのかなど詳しくご紹介しました。

込用紙(払込票)をクレジットカードで支払えるのは、ファミリーマートのTカードしかありません。

しかも、ファミリーマートでTカードを使って支払うときにのみクレジットカードでの支払いができます。

郵便局や銀行では、現金のみでの支払いになるため注意が必要です。

また、他のコンビニで支払うときもクレジットカード払いはできません。

しかし、セブンイレブンで使える電子マネーnanacoとミニストップで使える電子マネーWAONは、nanacoとWAONにチャージをして支払うことでキャッシュレス決済ができます。

最寄りのコンビニによって決済方法を選ぶと、あなたの暮らしがより便利になります。

ぜひ、キャッシュレスであなたの生活を快適にしてみましょう。

参照にしたURL
https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/tips/convenience_pay.jsp
http://www.patacriticism.org/usage/utility-charges.html
https://news.cardmics.com/entry/convini-furikomiyoshi-cardbarai/
https://www.post.japanpost.jp/bank/postaltransfer/index03.html

スポンサーリンク