甘酒はいつ飲むと効果的な時間帯は夜や朝?ダイエットには?




甘酒は、飲む点滴と言われ、健康や美容に良いと昔から日本人に愛されている食品の1つです。

健康や美容に良い甘酒だからこそ、「甘酒をより効果的に飲みたい!」と思う方も多いでしょう。

そこで、今回は、甘酒を効果的に飲む時間帯について紹介していきます。

朝や夜、いつの時間帯に甘酒を飲めば、甘酒の栄養や効能を最大限に体に取り込むことができるのか詳しく紹介していきますね。

甘酒には、酒粕からできている甘酒と米麹からできている甘酒の2種類があります。

どちらとも効果や効能は同じですが、アルコールが気になる方には時間帯によって飲む甘酒の種類を変えてみるのもおすすめです。

また、ダイエットに甘酒を飲んでいる方は、米麹からできた甘酒がおすすめです。

米麹からできた甘酒は、米麹の発酵で豊富な栄養や旨味成分が作られます。

旨味成分の中には、自然な甘さを引き出してくれるものがあり、ダイエットにももってこいの食品なのです。

それでは、甘酒を効果的に飲みたい人は、この記事を読んで、甘酒の効能を存分に受け取りましょう!

そして、健康にも美容にも良い甘酒パワーで、元気で若々しい体を維持したり、手に入れたりしていきましょうね。

スポンサーリンク



 

甘酒をいつ飲むのが効果的な時間帯?

甘酒は、朝と夜の1日2回飲むのが効果的な飲み方です。

1回あたり、おちょこ1杯からコップ1杯(50ml~120ml)ほどの量を目安に飲みます。

甘酒の効果は、

  • 疲労回復
  • 熱中症予防
  • 腸内環境の改善
  • 代謝を上げる
  • 血行を促進する
  • 安眠効果

があります。

甘酒の効果にびっくりです。

朝と夜に甘酒を飲めば、この6つの効果がより効果的に体に働いてくれます。

それでは、朝や夜に甘酒を飲むと、より効果的な理由を詳しく紹介していきます。

 甘酒を朝飲むと効果的な時間帯は?

甘酒を朝に飲むときは、起きてすぐや朝ごはんとして飲みましょう。

甘酒に含まれるブドウ糖が、寝起きの脳をしっかりと目覚めさせてくれます。

特に、米麹からできた甘酒の麹菌は、栄養の吸収を助ける働きをしてくれるので、すばやく栄養を体内に吸収してくれます。

朝からアルコールを飲むのが気になるという方にも、米麹からできた甘酒はおすすめですね。

また、甘酒に含まれるビタミンB群が血行と代謝を促進してくれます。

朝から、血行と代謝が上がれば、基礎代謝も上がるので、ダイエットにもつながります。

さらに、甘酒には、熱中症予防の効果もあります。

暑さで体がだるい朝や、夏バテなどで食欲が進まない朝にも甘酒がいいですよ。

ヨーグルトや豆乳、コーヒーに混ぜても、おいしくいただくことができますので、ぜひ、試してみてくださいね。

甘酒には、体に良いとされる酵素が100種類も入っています。

朝から、こんなに体に良いものを取り入れられれば、健康にも美容にも良いはずですね!

甘酒を夜飲むと効果的な時間帯は?

甘酒を夜に飲むなら、寝る前の1時間前がおすすめです。

温めた甘酒をゆっくりと飲み、体を温めましょう。

温めた甘酒を飲むと、入眠が良くなり、安眠効果が上がります。

質の良い睡眠が取れれば、疲労回復にもつながりますね。

甘酒を飲むと安眠効果が上がるというのは、酒粕からできた甘酒に含まれるアデノシンの効果です。アデノシンは、深い眠りを誘発する物質を活性化させる作用があるからです

アルコールが苦手だなと思う方は、米麹からできた甘酒をおすすめします。

米麹の甘酒にも、安眠効果や疲労回復効果はありますので、ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク



 

ダイエットで甘酒飲むならいつ飲むと効果的な時間帯?

ダイエット目的で甘酒を飲むときは、朝ごはんを食べる時間帯に飲みましょう。

朝食の代用としてや朝ごはんの食前に飲むことで、血行や基礎代謝を上げてくれたり、満腹感を感じさせてくれたりします。

基礎代謝が上がると、食事から摂ったカロリーを消費しやすくなります。

それに、血行の促進で、体内に溜まった老廃物も流れやすくなるので、痩せやすい体になりますね。

また、満腹感を感じていれば、間食をすることが減ったり、摂取カロリーを減らしたりできるので、ダイエットにはもってこいです。

さらに、甘酒は、腸内環境を整えてくれる効果もあります。

便秘解消や便秘の予防に効果があるので、腸内に溜まった余計なものを体外に排出してくれます。

このような甘酒の効果は、ダイエットをしている方にとって、とてもうれしいですよね。

しかし、注意点もあります。

ダイエットをしているときは、酒粕からできた甘酒よりも米麹からできた甘酒の方がおすすめです。

酒粕からできた甘酒は、甘味を砂糖などで調節していますが、米麹からできた甘酒は自然の甘みです。

断然カロリーが低いのは、米麹の甘酒ですよ。

そして、飲みすぎにも注意してくださいね。

目安以上に飲みすぎてしまうと、太ったり、下痢になったりしてしまいますからね…。

また、ダイエットで運動をしている方にも甘酒はおすすめです。

特に、暑い中ランニングやウォーキングに出かける人は、運動前に甘酒を飲みましょう。

甘酒は、熱中症予防にとても効果的です

江戸時代から、熱中症予防の飲み物として重宝されてきています。

自分の体を守るためにも、ぜひ、甘酒をうまく活用してくださいね。

甘酒いつ飲む まとめ

今回は、甘酒を効果的に飲む時間帯についてご紹介しました。

甘酒は、朝と夜、1日2回飲むと効果的です。1回あたり、50ml~120mlを目安に飲みましょう。

甘酒を朝飲むときは、朝起きてすぐや朝ごはんのときに飲みましょう。

すると、

  • 基礎代謝が上がる
  • 血行がよくなる
  • 朝の目覚めがよくなる
  • 熱中症予防に効果がある

という効果がより期待できます。

特に、ダイエットを実践している方は、朝食だけ甘酒に置き換えてダイエットすると、効果大です!

甘酒を夜飲むときは、寝る1時間前に飲みましょう。

すると、

  • 疲労回復効果
  • 安眠効果

がより体感できます。

栄養たっぷりの甘酒を効果的な時間帯に飲んで、健康できれいな体を維持していきましょうね!

スポンサーリンク