ピアノ マンションで音漏れ対策 近所へ挨拶と裁判にならないためには?




ピアノをマンションで弾きたいときに、取らなければならないのが音漏れ対策。

あなたが何気なく使いたくても、ご近所はどうでしょうか。マンションの2階以上に住んでいれば、上下左右の家庭に気を配らないといけません。

どのような防音対策が必要で、ご近所とはどのようにしたら良いかなどを整理しますね。

スポンサーリンク



 

ピアノをマンションで弾くときに重要なポイントは?

あなたが購入したピアノをマンションで弾きたいとき、一番気になるのは何でしょうか。

耐久性の問題もありますが、一番は音漏れの心配がありますよね。

2階以上に住んでいる場合には、上下左右に気を遣う必要があるでしょう。

 

私は賃貸物件に住んでいますが、下や隣の音はとてもよく聞こえます。同じくご近所にも我が家の音がきになるはずなので、慎重に生活していますね。

ペット可なので犬を飼っている家が多いです。

 

我が家も猫がいるので音漏れの心配からは逃れられません。

生活音でも気になることはありますから、ピアノはもっと大きな音でしょう。私も昔はエレクトーンがある賃貸物件にいたので、かなりの音と今は思います。

 

あなたがピアノをマンションで弾くときでも、ご近所の生活は見えませんよね。重要なことは、ご近所の生活スタイルが見えていないことです。

事前に必要なことは、あなたの考えた時間ではなくご近所の生活スタイル。

 

朝早く出勤する家もあれば、子供が小さい、または小さな音にも敏感なご近所もあります。

ご近所の生活は見えませんから、考慮することが大切ですね。

 

ピアノをマンションで音漏れしない防音対策するには?

ピアノをマンションに置くとき、最も大切なことの1位は音漏れの心配かもしれませんね。長い目を見て考えても、防音グッズは欠かせません。

 

あなた自身じゃなくても、子供が弾くときがありますよね。子供はマンションだからといっても、遠慮することはないでしょう。

 

1日の中でたとえ少しの時間でも、ピアノを搬入するときには防音マットと防音パネルです。次に壁から少し離れた位置に設置することも大切です。

イヤフォンがあれば大丈夫じゃないの?と思うかもしれませんが違います。鍵盤を弾く音や、ペダルを踏む音が気になる家庭もあるでしょう。

耐久性も兼ねているので、防音マットや防音パネルは大切です。

 

壁、床、天井、窓の4ヶ所は、ピアノをマンションに設置するとき音漏れ対策になります。

下の階ばかり気にしていると、意外に上の階に響いていることも多々あります。

突然防音専用の部屋を用意!など簡単にできませんので、工事となったら、それもご近所に迷惑になりますから4ヶ所の防音対策は忘れずにやってくださいね。

スポンサーリンク



 

ピアノがマンションで音漏れしない近所付き合い方とは?

普段からご近所とは仲が良いことは、最近では少なくなりましたよね。ご近所の生活スタイルを知るためには、事前に挨拶しておくことが大事です。

「ピアノを弾くことがあるので、何時頃ご迷惑になりませんか?」

と伺ってみましょう。

「子供が小さいので夜は…」
「朝早いのはちょっと…」

など、様々なことが分かります。

 

事前の挨拶は必要?と感じても、ご近所とのトラブルを避けるためには大切です。細かく伺う必要はないので、何時頃が迷惑かだけでOK!知っているようで知らないことがわかるはずですよ

 

実は出産間近な妊婦さんで、音に敏感になっているなどはわかりません

「実はいずれピアノを置く予定が…」などがあれば、こちらから声掛けしておくことで、関係がよくなることもあります。

ご近所との繋がりは付かず離れず、細かく介入しないで付き合うことが大切なので挨拶は重要になりますね。

 

ピアノが原因で裁判に発展する場合もあり

犬の声の次に大きい音がピアノなので、マンションで弾くときに気を付けないといけません。音漏れ対策をきちんとしないと、ピアノの音は立派な騒音になります。

ピアノの音漏れは、「限度を超えた騒音」として、法的に触れてしまうことがあるんです!

 

その場合には訴えられたら裁判になり、損害賠償責任を負わなければなりません。

ご近所にピアノの使用時間を伺ったり、30分など時間を決めて限度を超えないように気を配りたいですね。悪意がなくても相手が騒音と感じたら、生活音程度ではないですが、ご近所との騒音トラブルは増えているのが実態です

 

あなた自身ではなく、相手の話になるので気を付けてピアノを弾くようにしましょう。

知らん顔で悪質とみなされたら、マンションに住めなくなり損害賠償責任と重くなります。

裁判に発展しないためにも、慎重にご近所との関係は大事にしたいですね。

 

ピアノ マンションで音漏れ対策まとめ

あなたがピアノを安心してマンションで弾くためには、大切になる音漏れ問題。まずは、壁、床、天井、窓の4ヶ所の防音対策とご近所への挨拶ですね。

なたが気が付かないところで「うるさい!」と感じている家庭があってはいけません。「この程度なら…」と思うことが、大きな事態に発展することもあります。

ピアノを落ち着いてマンションで弾きたいから置こう!と思いますよね。きちんと防音対策をして、ご近所に挨拶し、時間を決めた上で使用しましょう。

音漏れ対策はとても大切!一つ一つ確認して、安心してピアノを使いたいですね。

スポンサーリンク