オーブンレンジでアルミホイル使える?大丈夫?燃える可能性





最近はオーブンと電子レンジの両方の機能を備えたオーブンレンジがあります。

電子レンジでのアルミホイルの使用は火花が散って危険だと知っている人は多いですが、オーブンレンジでは使えるのか気になります。

そこで今回は、オーブンレンジでのアルミホイルの使用は大丈夫か解説していきます。

電子レンジとオーブンレンジでは加熱の仕方や原理が違います。

簡単に食品が温められる電子レンジはとても便利ですが、温める際に注意が必要な容器もあるのでご紹介します。

揚げ物などの惣菜を温め直す時にトースターでアルミホイルを使うこともありますよね。

トースターでアルミホイルを使う方法や注意点もお伝えします。

料理やお菓子作りのレシピにもアルミホイルを使っているものがあります。

オーブンレンジで正しくアルミホイルを使って料理を作ってみてくださいね。

スポンサーリンク



 

オーブンレンジでアルミホイル使える?大丈夫?

オーブンレンジでアルミホイルは使えます。

最近では電子レンジの機能とオーブンの機能を両方備えたオーブンレンジが主流です。

オーブン機能を使用する時にはアルミホイルは使うことができます。

オーブン加熱は庫内全体を一定温度に保ち、食品を「焼く」機能です。加熱方式は大きく2種類あり、ヒーターの熱をファンで庫内全体に循環させて加熱する「熱風循環方式」と、庫内上部と下部にヒーターを備えて輻射熱により加熱する「上下ヒーター方式」があります。

https://www.jema-net.or.jp/Japanese/ha/renji/renji.html

どちらの方法でもヒーターの熱によって温めるのでアルミホイルへ熱は伝わりますが、正しく使うと燃えたりすることはなく大丈夫です。

アルミホイルの原料であるアルミニウムの溶ける温度は660℃くらいと言われているので、170~250℃くらいの家庭用のオーブンの設定温度では溶けることもありません。

電子レンジでアルミホイルは危険!使えない容器 まとめ

電子レンジにアルミホイルを入れて加熱してしまうと火花が散って危険です。

火事になる可能性もあります。

電子レンジは、マイクロ波で食品中の水分を激しく振動させることで熱を発生させて温めます。

アルミホイルのような金属も表面に電子が存在し、マイクロ波を浴びることで電子が活発になり、放電したものが火花です。

電子レンジで使えない容器には以下のようなものがあります。

金属製の食器や一部に金属が装飾された食器

普通の食器は電子レンジにかけることができますが、デザイン部分に金属が使われているものもあるので注意が必要です。

ステンレスのボウル

ステンレスも金属です。
私は、昔ステンレスのボイルを電子レンジで温めたことがあります。
温めた瞬間に少し火花が見えて怖かったのを今でも覚えています。

インスタントカップ麺の容器(蓋)

インスタントカップ麺の蓋には、裏側にアルミホイルが貼ってあることがあります。
注意書きで「電子レンジ調理不可」とあるので見逃さないようにしましょう。

お弁当に入っているアルミ製のカップ

最近では、電子レンジで温められる紙製のお弁当用のカップもありますが、アルミ製の場合は電子レンジにかけられません。

簡易式鍋焼きうどんの容器

ガスに直接乗せて温めて食べる鍋焼きうどんなどの容器もアルミ製なので電子レンジでは使えません。

間違ってこのような容器を使ってしまうと電子レンジの故障の原因にもなるので注意しましょう。

スポンサーリンク



 

オーブンレンジでアルミホイルを使うときのやり方

オーブンレンジでアルミホイルを使うことはできますが、アルミホイルが直接ヒーターにあたると燃える可能性もあります。

オーブンの設定温度は170~250℃であっても、熱源となるヒーターはそれ以上の温度になっていることがあります。

そのヒーターにアルミホイルがあたると溶けてしまいます。

パンのレシピではよく焼いている時に「最後の5分はアルミホイルをかぶせて焼く」といった工程があることもあります。

パンの焼き色が付き過ぎないようにするための工程ですが、この時にもかぶせるアルミホイルがオーブンレンジのヒーターに触れないようにしましょう。

手軽で簡単に温めて焼くことができるトースター

オーブンよりも手軽で簡単に温めて焼くことができるものにトースターがあります。

トースターもオーブンレンジ同様にヒーターを使って温めています。

トースターでアルミホイルを使う時も、ヒーターにアルミホイルが触れないように注意しましょう。

最近買った我が家のトースターは庫内の高さが低く、食品とヒーターの距離がとても近いです。

食パンなどはすぐ焼けるのですが、カレーパンのような惣菜パンを温める時に焦げる前に中まで温めたくてアルミホイルをかぶせて温めると、アルミホイルが変色していることがありました。

油ものを温める時は、アルミホイルに付いた油がヒーターに触れるとさらに温度が上昇し、燃えてしまうこともあります。

油が出る食品を加熱する時には、アルミホイルだけでなく付属の皿の使用や加熱時間も長くならないように気をつけましょう。

オーブンレンジで燃える行為 まとめ

オーブンレンジでアルミホイルは使用することができます。

ただし、使用できるのはオーブン機能の時だけで、電子レンジ機能では使えません。

また、以下のアルミホイルの使い方は危険なのでやめましょう。

  • 電子レンジでアルミホイルなどの金属を含むものを加熱した場合
  • オーブンやトースターでアルミホイルが直接ヒーターにあたるような使い方をした場合
  • オーブンレンジ内に汚れが付いたままの使用や油の付いたアルミホイルを使い回した場合

このような使い方は、アルミホイルから火花が散ったり、アルミホイルが溶けたり燃えたりする可能性が高く危険です。

ほとんどのご家庭にあるアルミホイルは、正しく使うと食品をよりおいしく仕上げられたり、料理の道具としても使える便利なものです。

危険な使い方は、火事になるおそれもあるのでくれぐれも気をつけてくださいね。

参考にしたサイト
https://macaro-ni.jp/39546?page=2
https://www.nojima.co.jp/support/faq/10807/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20150319_1.pdf

スポンサーリンク