オーブントースターでアルミホイルがくっつく!代わりやつかない方法





オーブントースターなどでの調理によく使う消耗品がアルミホイルです。

トースターの汚れ防止に敷いたり、ホイル包み焼きなど、常備しているととにかく便利な商品ですね。

でも、餅や魚などを調理すると、アルミホイルに食材がくっつくのが少し厄介です。

最近では、くっつかないホイルもよく見かけるのですが、普通のアルミホイルに比べて値段はけっこう割高になってしまいます。

そこで今回は、アルミホイルのくっつきのイライラを解消する方法を調べました。

また、アルミホイルを切らしてしまった時の代用品などもまとめましたのでご覧ください。

スポンサーリンク



 

オーブントースターで食品がアルミホイルにくっつく!対策は?

 

アルミホイルへのくっつきを無くす方法は、1度クシャクシャに丸めて広げたアルミホイルを使う、ということです。

すごくカンタンですね!

さらにホイルに油を塗ることで、食材がアルミホイルにくっつくのを防ぎます。

餅や焼きおにぎりを焼く時は、ごま油を塗ると良い香りがつくのでおすすめです。

野菜はオリーブオイルが合うでしょう。

アルミホイルは、クシャクシャにしてから使用する事で、食材との接地面積が減り、くっつきを防止することができるのです。

餅など、特にくっつきやすい食材には便利な方法です。

また、おにぎりをアルミホイルで包むという方は、クシャクシャにするだけでなく、おにぎりをよく冷ますことでくっつきを無くすことができます。

焼きおにぎりも同様、握って1度冷ましたおにぎりを焼くと、温かいおにぎりよりもずっとくっつきにくいので、やってみてください。

ちなみに、アルミホイルには表と裏はありません。

ツルツルの面と少しくもりのある面がありますが、アルミを圧縮して延ばす工程で出る見た目の違いだけで、どちらが表・裏ということは無いそうです。

便利な方法をぜひお試し下さい!

オーブントースターでくっつかない代用品や代わりは?

オーブントースターで調理の際、アルミホイルが無い場合の代用品がいくつかあります。

便利なのは、

  • クッキングシート
  • オーブンシート
  • 耐熱皿

の3つです。

クッキングシート

クッキングシートはアルミホイルの代用になります。

無いという時に便利ですね。

ただし、耐熱温度は、ほとんどの商品で250度で20分くらいになります。

表示時間を超えた使用はやめましょう。

また、食材の包み焼きは、熱源にクッキングシートが近づくので燃えやすく危険ですので、やめましょう。

アルミホイルが無くて、クッキングシートで包み焼きを作りたい時は、直火が当たらないフライパンを使って、様子を見ながら蒸し焼きにすると良いでしょう。

オーブンシート

オーブンシートも、クッキングシートと同様の使い道があります。

グラスファイバーなどでできているのが特徴ですが、繰り返し使う事ができる商品で、やはりアルミホイルの代用になります。

耐熱皿は食材から油や水分が出る焼き物にぴったりです。

オーブントースターを汚さないので便利ですね。

オーブントースター付属の天板

最後に本当に何も無いという場合は、オーブントースター付属の天板を使いましょう。

クッキングシートやオーブンシートが登場する前は、天板に直接油を塗って使うこともありました。

クッキーなどを焼く時は、天板に油を塗れば充分です。

ケーキ生地などを直接流し入れる場合は、バターなどの油を塗った後に小麦粉を薄くはたいておくと天板につきにくくなります。

焦げついた場合は洗うのが少し面倒ですが、アルミホイルの代用になります。

スポンサーリンク



 

オーブントースターの熱源にアルミホイルがくっついたときの取り方

オーブントースターの熱源の部分にアルミホイルがくっつき、どうしてもはがれない時があります。

その場合は、電源プラグを抜いて庫内が冷めた状態で、濡らした布などを当てます。

しばらくするとアルミホイルが水分を吸って剥がれやすくなります。

取れない場合は、何度かくりかえし作業してみて下さい。

オーブントースター まとめ

アルミホイルが無いとすごく困ると思いがちですが、意外と代用できるものがありますね。

工夫してこそ料理上手、覚えておくといざという時に役立ちそうです。

スポンサーリンク